2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ビッグブーツ(東日本) 2017/04/07(金) 10:01:37.19
    お笑いタレントのエド・はるみ(52)が、RIZAPで驚きの変貌を遂げた新CMが10日からオンエアされる。

    1月に同社のCMに出演しダイエットを宣言した。更年期を迎え代謝が落ち、痩せにくい体になったからこそ「デビューの頃に着ていたドレスを、
    もう一度着たい」と挑戦。その結果、約5か月で体重は63・3キロから45・0キロに18・3キロ減、体脂肪率36・7%から17・7%に
    19ポイントダウンを達成した。

    「いくつになっても、何にでも挑戦することができるということを、RIZAPを通じて学ぶことが出来たんです」とエド。
    「昔のようにマラソンも楽しみになっています」とグゥ~美ボディーを取り戻した喜びを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000008-sph-ent 

    diet_before_after

    【52歳エド・はるみ、RIZAPで18キロ減】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/04(火) 10:38:47.18 ID:CAP_USER
    徳島県は3日、鳴門市大麻町のコウノトリの親がひな4羽のうちの1羽を死なせる「間引き行動」が、
    巣の近くに設置している観察カメラの映像から確認されたと発表した。

    県や官民でつくるコウノトリ定着推進連絡協議会によると、3月30日午前9時22分、
    雄がくちばしでひな1羽の頭をくわえて巣の外に放り投げた。
    ひなは巣の縁に引っ掛かった後、巣の下に落ちた。
    4羽のうちやや小さい1羽とみられる。
    雄がひなを放り投げる直前まで巣にいた雌も、ひなの首をくちばしでくわえるなど乱暴に扱っていた。

    巣の下はやぶになっており落下したひなは確認されておらず、
    協議会は「野良犬やカラスに食べられる可能性がある」としている。

    http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/04/2017_1491269050293.html

    【コウノトリひな 巣から落とす 親鳥が「間引き行動」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/04(火) 04:49:25.80 ID:CAP_USER
    男○器をかたどったみこしが街に繰り出す「奇祭」として知られる
    川崎市川崎区の金山神社(若宮八幡宮境内)の例祭「かなまら祭」が2日、行われた。
    氏子らがユニークな姿のみこしを担いで、近くの京急線川崎大師駅前や商店街を練り歩き、
    境内や沿道は多くの観光客らでにぎわった。

    美人画や春画で有名な喜多川歌麿にちなみ、「ウタマロフェスティバル」として外国にも知られ、多くの外国人が詰め掛けた。
    http://www.kanaloco.jp/article/242176

    【奇祭「かなまら祭」 川崎、外国人観光客らでにぎわう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/01(土) 23:18:17.10 ID:CAP_USER
    今にも動き出しそうな約320体のかかしが並ぶ。
    熊本県天草市宮地岳町の国道266号沿いで、「宮地岳かかしまつり」が開かれている。

    かかしは地元のお年寄りが手作りで年々増やしてきた。
    今年は新作として、地元の伝統芸能「ハイヤ節」を踊る様子を表現した約40体が加わった。

    http://www.asahi.com/articles/ASK415F5TK41TLVB00M.html

    【いまにも動き出しそう… 天草にリアルかかし320体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ここん ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/02(日) 15:47:50.41 ID:CAP_USER
    金沢駅など石川県内JR3駅の在来線改札口に1日、自動改札機が導入された。

    従来の駅員による切符回収を惜しむ声が聞かれる一方、スムーズな改札を歓迎する利用者も多かった。
    JR西日本金沢支社は「初日は改札機の使い方がわからない人が一部にいたものの、目立った混乱やトラブルなどはなかった」としている。

    1日から自動改札機の利用が始まったのは金沢、松任、小松の3駅。同支社によると、金沢駅はJR西管内の年間利用者トップ50(2015年度)の駅のうち、
    在来線改札口に自動改札機がない唯一の駅だった。
    また、県庁所在地の主要駅として自動改札機のない改札口があるのは、全国的にも珍しい存在だった。これまでは駅員の手により切符を回収してきた。

    金沢駅では、金沢市の高校3年生の女子生徒(17)は「都会みたいで、スムーズに通れる。これまでは急いでいる時は、改札に列が出来て大変だった。でも、
    これからは駅員さんの『ありがとう』という声が聞けなくなる」と、少しさみしそう。同市の主婦(75)は「便利だけど、手渡しの方が人情味があって良かった」と
    残念がった。また同市の自営業の男性(68)は「改札機の表示の意味が分からず、どの改札を通ればいいのか分からなかった。慣れるまでは大変だ」と、
    戸惑う人もみられた。

    一方、北陸新幹線の開業で急増した首都圏の観光客らからは、全国的に姿を消しつつある金沢駅のような有人改札に「懐かしい」という声も。
    改札業務の経験がある同駅の西田和浩係長は「切符を受け取りながらあいさつを交わしたり、案内をしたりするなかでお客さまとの交流もあった」と振り返る。
    改札付近で体調を崩していた高齢の夫婦を救護室に運び、その後、お礼の手紙が届いたこともあったという。(以下省略)

    全文はリンク先をご覧ください。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170402-OYT1T50030.html

    引用元: http://potato.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1491115670/

    【金沢駅ついに自動改札…駅員の回収を惜しむ声も】の続きを読む

    このページのトップヘ